遠足

Bärlauchの里

交差点
わき道と駐車場
階段と小屋
群生

Bärlauch(ラムソン/行者にんにく)ってご存知ですか?笹の葉のような形のニラの仲間です。餃子に使ったり、Pestoは、BIOショップなどでも売られています。ここニュルンベルク近郊に自生している場所があり、今、まさに旬を迎えています。
今回は、知る人ぞ知る「秘密の場所」をご紹介します!数年前にある日本人女性に教えていただき、ほぼ毎年、採取しています。おいしいですよ~。

場所:Pommelsbrunn
LaufからBundesstrasse14号を東進Pommeslbrunnへ
村の中心の教会に通じる信号のある交差点を左折 写真「交差点」
KirchplatzからHeuchlingerstrasseを道なりに5分ほど進むと森へ入るための駐車場があります。
この辺りにも生えていますが、今回は「秘密の場所」へ。
この駐車場に車を置いて来た道を戻ります。左へ入るわき道を進むと左手に階段があります。
上のほうに見える小屋を目指して、その階段・坂道を登ります。(足元注意!)
Bärlauchが取りきれないほど群生!写真「わき道と駐車場」「階段と小屋」「群生」

公共交通機関利用の場合:S-Bahn1・Pommelsbrunn駅から小屋まで徒歩約20分くらい。

採取に当たって注意:Bärlauchに一見姿形が似ている Maiglöckchen(スズラン)は、毒性が強いので間違えて食べないこと。Bärlauchは、一本づつ地面から生えおり(写真参照)、茎が根に向かうほど白くなり、ラッキョウ形の根を持ちます。迷ったときは、一本引き抜いて、臭いをチェック。にんにく臭がすれば、大丈夫です。

花の咲き始める4月下旬まで楽しめます。

17/04/2012にdubistnichtdaが次のカテゴリーに投稿しました 遠足